自動車保険には等級割引というものがあり、無事故歴が長い人ほど保険料が
安くなる仕組みになっています。

 

等級というのは、被保険者(ドライバー)の安全運転度を評価する指標の
ようなものです。

 

等級は20段階に分かれており、数字が大きくなればなるほど事故をおこし
にくいと評価されている人=安い保険料で契約できる人です。

 

自動車保険に初めて加入するときには6等級から始まり、1年間、保険を
使わずに過ごすと等級が一つ上がります。

 

自動車保険の保険料は等級ごとに割引・割増される仕組みになっている
ため、等級があがると保険料は安くなります。

 

toukyu.gif

 

ちなみに、ここで重要なことは、等級変更の基準は事故の有無ではなく
保険の使用経験にあるということです。

 

仮に事故を起こしたとしても、保険を使わなければ等級は上がります。

 

保険を使った場合、翌年以降の保険料の割増率はかなり大きくなるため、
軽微な損害の場合、保険を使わず自腹で修理費を出すという判断をする人も
少なくないようです。

 

気になる人は、上記の表をみながら計算してみてください。