自動車保険の話となると、必ず出てくるのが等級という言葉。

 

自動車保険の等級とは?

 

初めて契約する人だと、『等級って何?』ということになるかもしれませんが、自動車保険を使ううえではとても重要なことです。

 

きわめてシンプルな言い方をすると、自動車保険というのは、事故を起こす確率が少なそうな人ほど保険料が安くなります。

 

逆に、この人は事故を起こしそうだなという人は割増で払わなければいけません。

 

これは理屈としてイメージしやすいと思いますが、それを客観的に評価する指標が等級です。

 

自動車保険の等級は20段階に分かれており、数字が大きくなればなるほど事故をおこしにくいと評価されている人=安い保険料で契約できる人です。

 

等級が1の人より、20の人のほうが遥かに安いということになります。

 

スタート地点は6等級、これはみんな一緒なので、自動車保険に初めて加入するときには6等級ということになります。

 

1年間、保険を使わずに過ごすと等級が一つ上がり、保険を使うと3等級下がります。

 

ここで重要なことは、事故を起こしたかどうかということではなく、保険を使ったかどうかということが基準になるということです。

 

仮に事故を起こしたとしても、保険を使わなければ、等級は上がります。

 

保険を使った場合、翌年以降の保険料の割増率はかなり大きいため、軽微な損害の場合、保険を使わず自腹で修理費を出すという判断をする人も少なくないようです。

 

微妙なケースの場合には保険会社と相談してみましょう。

 

ただし!!

 

使う、使わないにかかわらず、事故を起こしたときには必ず保険会社に連絡しましょう。連絡しなかった場合には、後日、使いたいと思ったときにも却下される場合があります。

 

状況を説明して『保険を使うかどうかは分からない』ということを伝えておけば大丈夫です。

 

ちなみに、保険を使う・使わないという判断をするときには、等級と割引率の関係について知っておくことが必須です。

 

次のページで、ご説明します。