自動車保険の中の車両保険の金額を決める

 

自動車保険の車両料率クラスとは?

 

重要な要素の中の1つに車両料率クラス

 

というものがあります。

 

この車両料率クラスでは、車両の型、年式

 

グレードなどによって1~9までの段階に車を

 

区分しています。

 

数字が上がるクラスほど車両保険の保険料は

 

値上がりします。

 

ではこの車両料率クラスはどのように決められているかというと

 

その車が事故をおこす確率やそれにかかる費用が統計上
高いものは上の車両料率クラスにいきます。

 

よって高級車や、スポーツカーなどは必然的にこの車両料率クラスが

 

高くなってしまいます。

 

※重要なことは、車の車両価格自体で決まるわけではないということです。
若い男性が乗るケースが多い国産の安いスポーツカーの料率がベンツより
上というようなケースは珍しくありません。
以前、車両価格が50万円の車に乗っていた時、その車は事故率が
高かったため、車両保険の料率がフェラーリと一緒で、馬鹿らしくなって
加入をやめた経験があります。

 

車両料率クラスは一年に一回事故の統計などを総合して

 

見直されています。

 

自動車を選択する際この車両料率クラスというものも少し

 

考えて購入してもいいかもしれません。

 

kanrenkizi.gif

中古車に車両保険はつけるべきか?

レッカー代や代車の代金は車両保険が適用されるか?

車両新価保険特約