人身傷害保険とは、近年急激に普及してきた任意保険で

 

人身傷害保険とは?

 

約60%の人が加入しているといわれています。

 

人身傷害保険では、自動車事故において、運転者を含む搭乗者が

 

死傷または、後遺障害を負ったときに、契約時の保険金額を

 

上限に補償を受けることができる保険です。

 

この人身傷害保険も搭乗者保険同様、傷害保険なので

 

対人賠償保険、自賠責などとは別に保険金が支給される

 

ことになります。

 

しかしこの人身傷害保険が、搭乗者保険とまったく異なるのは

 

自分の過失過失割合に関わらず、損害額の相当分のお金を

 

損害額が決定する(示談)前に受け取れるということです。

 

搭乗者傷害保険は基本的に過失割合などを踏まえた損害額決定後

 

に支払われるので長期入院などの際、経済的に厳しくなる可能性

 

があります。

 

この点でこの人身傷害保険は大変ありがたいし、普及しているのも

 

うなづけます。

 

またこの人身傷害保険は、歩行中やバスに搭乗中の事故なども

 

補償してくれる幅広い範囲での傷害保険です。