搭乗者傷害保険とは、自動車に搭乗中の人が

 

搭乗者傷害保険とは?

 

急激かつ偶然な外来的事故によって死傷または後遺症を

 

負ったときに支払われる保険です。

 

この保険の特徴として、自賠責や、対人賠償とは関係なしに

 

別途保険金が支給されるという点があります。

 

それはこの保険は他人からの損害賠償に対して補償される

 

保険ではなく、自分や搭乗者を守るための傷害保険だからです。

 

■保険金の支給方法は?

この搭乗者保険では基本的に、入院・通院した際にかかる費用や

 

死亡、後遺障害などの際に補償してもらうことができます。

 

具体的には、

 

■日数払い

入院一日あたり○○円支払いますよという取り決めのもの

 

事故損害額が確定次第支払われる形式

 

■部位症状別払い

怪我をした部位、症状によってあらかじめ保険会社が

 

設定をした保険金をうけとる形式

 

の二つがあります。

 

また死亡した際○○万円、後遺障害の程度に応じて○○万円

 

というのもあらかじめ契約時に決めた保険金額に

 

よって変動していきます。

 

人身傷害保険の普及によってこの保険に入らない人も

 

増えてきたと聞きます。

 

さらに人身傷害保険に加えてさらに補償を手厚くしたい!

 

という方におすすめの保険です。