対物賠償保険は基本的に、対人賠償保険と同様です。

 

人が物に変わっただけですね。

 

対物賠償保険は、他人の車、電柱、ガードレールその他

 

あらゆる他人の所有物を壊したり、傷つけたりした際にうける法律上の

 

損害賠償を補償してくれる保険です。

 

自賠責は物損事故には使えないので注意ですね。

 

■対物賠償保険の特徴

この対物賠償保険では、対人賠償保険と同様の考え方を

 

するので自分や家族のものを壊しても補償をうけることは

 

できません。(任意保険における他人に家族は含まれない)

 

■間接損害も補償してくれる

この対物賠償保険は、他人の者を破壊または汚してしまったときに

 

起こる一連の事故を補償してくれます。

 

たとえば、前方不注意などで、前の車にぶつかってしまい

 

さらにその車が道路上の別のものを破壊してしまった場合

 

その一連の事故におこる損害賠償が補償の範囲になります。

 

このような間接的に発生した事故にもこの対物賠償保険は

 

適用されるのです。

 

この考え方で、たとえば、自分が飲食店などにつっこんでしまい

 

店に営業上の損失を負わせてしまった時の損害賠償

 

タクシーにつっこんでしまい、その運転手の休業補償などにも

 

適応できることになります。

 

そのためこの近年ではこの対物賠償で支払う保険金が高額化しており

 

対物賠償保険は無制限でかけることが一般的になってきています。