被記名保険者が、業務中に自分の車で事故を起こし、搭乗している同僚を死傷

 

被記名保険者による同僚災害担保特約

 

させてしまい、損害賠償請求を受けたときの賠償額を補償してくれるのが

 

同僚災害担保特約です。

 

通常、業務中の事故ですから対人賠償保険は適応されないのですが

 

このケースでは車の名義が個人なので

 

この同僚災害担保特約が自動的に付帯される形になります。

 

しかしこの車が日常的に会社の業務に使用しているようなら

 

告知義務違反となり保険がおりないケースもあるので注意が

 

必要です。