対物事故において、相手の車を破損、全損させてしまった場合、過失相殺を加味した補償額が相手に支払われることになります。

 

 自動車保険 対物時価超過補償特約

ただし、ここは自動車保険に関する知識が疎い人にありがちな誤解なのですが、カバーされる補償額には、車の時価までという基準があります。

 

時価の算出基準というのは、車種によって違うのですが、基本的に市場価格よりも低めです。

 

そのため、何が起こるかというと、車を直すための修理費が、その時価を超えてしまい、自動車保険でカバーされないという状況が発生します。

 

たとえば、新車で100万円ぐらいで買える軽自動車だと、10年も立てば時価は相当低くなります。10万円ぐらいになっても珍しくありません。

 

それで事故の修理費が30万円となったら、保険で支払われるのは10万円までです。

 

時価というのは法律で定められている基準なので、法的にはあなたの賠償責任もここまです。これ以上は1円も払う必要はありません。

 

ただし、それで相手が納得するかというと・・・

 

まず、納得してもらえません。保険会社が払ってくれないとなると、あなたのほうに実費で負担してくれという話になります。

 

法的には払う必要はないのですが、なかなか厄介な問題です。そして、保険会社もこれ以上は面倒をみてくれないので、相談しても『あとはお互いに話し合ってください』と突き放されるだけです。

 

いざという時のトラブルを防ぐのが対物時価超過補償特約

できることなら穏便にことをすすめたいものですが、ここで登場するのが対物時価超過補償特約です。

 

この特約をかけておくと、上記のような修理費用が時価を上回ったケースにおいて、差額となる実費を補償してくれる特約です。

 

いざという時、相手の損害を補償することが出来るので、スンナリことが運びます。トラブルを避けための安心料といったものと考えればいいと思います。

 

対物時価超過補償特約は、特約のなかではけっこうお金が張りますが、事故を起こした時の精神的ダメージは相当なものです。こんな時に相手ともめるようなトラブルに巻き込まれるのはかなり辛いので、それを避けるためと思えば納得出来るコストといえます。

 

逆に、『法的に責任のない要求だったら突っぱねられる』とか、『いざという時には差額を実費でカバーする』といった覚悟がある人であれば、この特約は無用です。

 

ここが契約に盛り込むかどうかの判断基準になるかなと思います。

 

対物時価超過補償特約に関して自動車保険会社に確認すべきこと

もし、契約に付けることを考えているようでしたら、自動車保険会社に詳細を確認するようにしてください。細かく条件をつけている保険もあるからです。

 

けっこう多いのが、補償限度額が50万円といったもの、15年以上の中古車は補償対象外、あるいは3年以内の新車に限るといったものです。

 

このあたりを確認せずに契約すると、『これで大丈夫』と安心していたら、いざ事故を起こした時に補償対象にならないなんてことになりかねません。

 

これは自動車保険の意味がないので、契約前にチェックしておきましょう。