示談とは何か?

示談とは、被害者と加害者が話し合いによって事故の損害賠償

 

示談とは

 

についての和解をすることです。

 

示談では、後日のトラブルをさけるために「示談書」を発行します。

 

示談書には双方の署名・捺印が必要です。

 

そして示談でも和解が成立しない場合は、簡易裁判所での調停

 

さらに裁判へと発展していくことになります。

 

■示談の性質

・いったん示談が成立してしまえば、それを覆すことはできない。

 

示談というのは一度成立していしまえば法的拘束力をもつので

 

新たに被害者に有利な確定的証拠などが発見されたとしても

 

示談で決めた取り決めを変更することはできません。

 

・当時者同士で勝手に示談を成立させてしまうと保険金がおりない

ケースがある。

 

事故に対する過失割合を勝手に決めて通常より多くの保険金を

 

払うのでは保険会社はたまったものではありません。

 

当事者同士のみで成立された示談では基本的に保険会社は

 

保険金を支払わない可能性があるので注意をしてください。

 

・口頭示談でも法的拘束力をもつ

 

口頭で話しをし、成立した示談でも法的拘束力を持ってしまいます。

 

現場での安易な示談は絶対にやめてください。