今回仮に事故が起きたとして事故の流れを簡単に把握しておきましょう。

 

事故が起こったら・・・

 

■常日ごろもって用意しておくべきもの

車検証、保険会社への連絡先、インスタントカメラ、筆記用具

 

■事故発生したら・・・

1,最優先課題は人命の救助

 

まずは当たり前ですが、被害者、加害者に関わらず

 

人名の救助が最優先事項です。

 

命に関わるような状態のときは救急車を呼びます。

 

この際赤十字救命救急などの資格を持っていれば、

 

救急車が来る前にある程度の応急処置をすることができますので

 

非常に役に立ちます。

 

2、2次災害の防止

 

人の命を心配するあまりあわてて車からとびだし、

 

車にひかれてしまったなどの2次災害を防止するために

 

最新の注意を払い必要ならば車を移動させます。

 

3、警察、保険会社への連絡

 

ますは事故の大小に関わらず警察に連絡します。

 

警察を呼ばないと事故に関する情報が混乱し、示談がまとまらない可能性

 

があるからです。

 

そして同時に保険会社にも連絡をし、指示をあおぎます。

 

4、事故状況の確認、目撃者の確保

 

警察が来る前に時間があったら自分の中でどういう状況で事故が

 

おきたかをしっかり整理してください。

 

そして必要ならば用意してあるカメラで状況を撮影し、またイラストをスケッチしてください。

 

そして目撃者の確保です!!

 

これは意外と忘れやすいので注意してくださいね。

 

5、相手との身元確認

 

相手の住所、連絡先、勤務先などを確認してください。

 

そして相手の免許証などをみせてもらい、車検証の

 

住所と免許証の住所が一致しているかも確認しておきましょう。

 

(注意)

 

その場で示談は絶対にしてはいけません!!

 

不確かな情報で示談が成立すると、保険会社からおりる保険の

 

代金も少なくなってしまうケースがあります。

 

6,その後

 

警察の実況検分があると思います。

 

ここからは警察の指示と保険会社の支持に

 

従ってください。