車が盗難にあった場合、車両保険に入っていれば全損として保険金がおります。

 

そしてその車の所有権は原則として保険会社に移行します。

 

つまり保険会社はその車を自由に処分、使用していいことになります。

 

しかし!盗難にあってから60日以内に車が発見された場合には、

 

受け取った保険金を保険会社に返還することによってその車の

 

所有権は被保険者の者になります。

 

その際、発見されるまでの間に被保険自動車に生じた損害については

 

保険金を請求することができます。