最近では、通販系自動車保険会社を中心に

 

リスク細分型という考え方

 

リスク細分型自動車保険が選べるようになってきました。

 

リスク細分型とは、その人が事故を起こす確率を細かい

 

ところまで設定し、自動車険料を設定していこうという考え方です。

 

年齢制限よりも更に色々な項目を設定していきます。

 

◆ドライバーの運転レベル

 

グリーンカード、ブルーカード、ゴールドカードなどドライバーの

 

運転レベルが上がるに連れて保険料も安くなります。

 

◆性別

 

男性よりも女性のほう事故に遭いやすいという統計がありますので

 

女性のほうが保険料は高くなります。

 

◆使用形態

 

通勤、通学か。それとも一ヶ月に一度買い物に使うのか。

 

では全然事故に遭う可能性は変わってきます。

 

使用頻度がはげしいほど保険料も高くなります。

 

◆年間走行距離

 

年間走行距離が少ないほど保険料は安くなります。

 

◆車の状態

 

新車か?中古車か?

 

エアバックなどの安全装置を装備しているかによって保険料も

 

変わってきます。

 

◆地域

 

田舎の車が通らないような場所よりも、都会の

 

車がたくさん通るような場所のほうが事故に

 

合いやすいという統計があるので保険料は

 

高くなります。

 

このように様々な条件によって保険料が換わっていくのが

 

リスク細分型自動車保険です。