最近ではよく外資系保険会社のCMを見かけるようになってきました。

 

外資系自動車保険会社の台頭

 

これをみると日本の自動車保険会社は外資系自動車保険会社が

 

大半のシェアを持っているのではないかと思ってしまいますが

 

実際には日本の自動車保険会社の中で4%程度の

 

シェアしか持っていません。

 

国内の大手自動車保険会社がほとんどのシェアを持っています。

 

ではなぜこれほどまでに世間に認知されているかというと

 

外資系の自動車保険会社は戦略がとてもうまいといえます。

 

外資系の保険会社は代理店を通し保険会社に契約する

 

従来の契約方法とは違い、無店舗でのダイレクトな販売

 

することによって、コストを削減しています。

 

そしてCMでは安さなど自分達がアピールできるところを

 

前面に押しだしていくのですね(実際安いですが・・)

 

パソコン業界でもデルコンピューターなどが

 

このような戦略で成功しています。

 

でも実際問題安すぎても不安になりますよね?

 

このような低価格路線のネットでのダイレクト販売は

 

大丈夫なのでしょうか?