次は車両への保険です。

 

車両への保険

 

事故が起きて自分の車が故障した、盗まれた、自然災害などの時

 

に補償をうけることができる保険です。

 

車両保険には

 

一般保険と、エコノミー保険の2種類があります。

 

エコノミー保険は、一般保険からいくつかの

 

項目が補償されないことになっている分保険料が安くなります。

 

具体的には当て逃げと、自分から電信柱などに衝突した

 

場合(いわゆる自爆)の補償は受けられません。

 

それ以外の、自然災害や盗難などの補償は受けられますので料金と

 

照らし合わせてよく検討する必要があります。

 

もうひとつ大事なことは免責という考え方です。

 

免責とは責任を免れると書きますが、

 

免責を受けるのは保険会社です

 

たとえば免責5万円で契約し、車が故障した場合、

 

修理費5万円まではあなたが自分で負担しなくてはいけない

 

ということです。

 

免責を0にすることはできますが、保険料は高くなります。