次は自分が事故を起こした際に自分が受ける補償です。

 

自分への補償

 

自分が受ける補償には

 

  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険

 

の4つがありますが、特に人身傷害保険と搭乗者傷害保険の相違点は

 

しっかりと理解しておく必要があります。

 

搭乗者傷害保険とは

 

保険がかけられている車に乗っている搭乗者が、事故によって

 

死傷または、後遺障害をおったときに支払われる保険ですが、

 

ポイントは、損害額にかかわらず、あらかじめ払われる保険金の額

 

が決められているということです。

 

(※搭乗者傷害保険は「日数払い」と「部位症状別払い」があります。
「日数払い」は入院・通院にした日数によって決められた額が
支払われます。
部位症状別払いは怪我をした部位によって保険金が支払われます。)

 

それに対して、人身傷害保険は事故による損害額を示談前に

 

保険会社が全額補償してくれる保険です。

 

(これだけみると保険会社は大変損をしているような感じですが

 

示談後保険会社は、事故の相手から過失割合に応じて賠償金を

 

もらいます。)

 

このように人身傷害保険は保険金を立て替えなくていいので

 

ほとんどの人は人身傷害保険に加入します。

 

またさらに自分への補償には

 

自損事故保険と無保険車傷害保険があります。

 

自損事故保険は自分が電柱に衝突した、がけから飛び落ちたなどの

 

原因で、死傷したときに出る保険です。

 

無保険者保険

 

相手が任意の保険に加入していなかった場合に

 

自分が満足な補償を受け取れない時に払われる

 

保険です。