どこの自動車保険を利用するのか迷っているようでしたら、おすすめなのが 『OriCON life』というサイトです。

http://life.oricon.co.jp/rank_insurance/

 

自動車保険会社を、ユーザーの投稿によってランキング付けしています。 オリコンというのは、あのCD売上ランキングなどで、よく耳にする、あのオリコンです。格付け会社の最大手ですから、信頼性は十分にあります。投稿数も多いので、参考情報として目安になるランキングと思って間違いありません。

 

自動車保険ランキング

 

自動車保険をランキングしているサイトは多数ありますが、最も信頼できる サイトの一つなのではと思います。 ユーザーのコメントも掲載されているので、一度目を通してみてはいかが でしょうか?

 

どの自動保険がランキング1位?

ランキングを見てみると、1位が東京海上、2位チューリッヒ、3位ソニー損保という順番です。このベスト3は数年前から順不同なので、それだけユーザーから評価されているということですね。

 

ちなみに、私はこの3つの保険会社は全て利用したことがありますが、たしかに良かったです。

 

事故時の対応に優れている自動車保険会社

東京海上で契約している時に、実際に交通事故に遭遇したことがありますが、その時の対応は素早くて、有り難いと思った記憶があります。事故時に連絡したときは、こちらが落ちつくように冷静に対応してくれましたし、自分がやるべきことを丁寧に説明してくれました。

 

おかげで、問題なく処理出来ました。相手との示談交渉も全てお任せで、私が何かをする必要はなく、数日で話がついて、車の修理に入れた記憶があります。

 

ソニー損保を契約していた時には、エンジンの故障でロードサービスを利用したことがあります。実は2回あるのですが、どちらの時も連絡をしてから、すぐにレッカーを手配してくれて、30分ぐらいで来てもらえた記憶があります。

 

30分って、レッカーサービスとしては、かなり速いです。普通、1時間や2時間、待たされてもおかしくないので、かなりのクオリティです。自分の車が動かない状態なので、少しでも早く対応しなければいけない状況なので、この迅速性には助かりました。

 

ロードサービスの保証内容が最も充実している自動車保険

チューリッヒを利用している時にはガス欠にあいました。それにしても、我ながら、よくトラブルを繰り返しています。保険会社からしてみたら、いい迷惑ですね(;^_^

 

このときは、たしか夜10時前ぐらいで、歩いていける範囲内には、ガソリンスタンドがない状態だったので、チューリッヒのロードサービスを利用しました。そのときは横浜の郊外だったのですが、サービス会社が恵比寿から来てくれました。

 

結構、距離があるのにもかかわらず、わざわざありがとうという感じです。しかもなかなかの短時間でした。このときは南アフリカワールドカップのカメルーン戦の日で、なんとしてでも観たかったのですが、無事間に合いました^^

 

私が自動社保険会社を変えた理由

ところで、満足している割には、コロコロ保険会社を変えていると不思議に思われた方もいるかもしれませんので、最後に私が複数の自動車保険を利用している理由をお伝えします。

 

とはいっても、別に深い理由はそれほどありません。

 

東京海上を利用していた時は学生時代だったのですが、アメリカに留学することになり、車を手放すことになったので、自動車保険の契約も解除しました。

 

帰国後、また車を持ったときには、なんとなくの気分でソニー損保を選びました。その後、3年くらい利用してから、チューリッヒに変えたのですが、その理由はロードサービスの内容です。

 

私は横浜に住んでいるのですが、古い車に乗っていて、近所の街工場では整備や修理が出来ないため、埼玉にある専門店でメンテナンスをお願いしています。

 

そのため、何かあった時には埼玉までレッカーなのですが、横浜からだと走行距離が70キロ近くになります。ソニー損保のレッカーサービスは50キロまでは無料なのですが、その後は追加料金が発生します。それが1万円以上するため、馬鹿になりません。

 

でも、チューリッヒだと100キロまで無料です。これだと、いざという時に安心ということで乗り換えました。

 

とはいっても、70キロもレッカーする必要があるケースなど、そうはないので、特殊と思ってください。そもそも、私自身、チューリッヒと契約してから、一度レッカーを利用する機会がないので。

 

ただ、こんなふうにして、自分が何が必要なのかということを見極めて、そこにあった自動車保険を契約すると、何かと安心です。こういった選び方をするといいのではと思います。