一つ目は相手への賠償にかかる自動車保険です。

 

相手への賠償

 

事故を起こして相手に怪我をさしてしまった。

 

相手の物を破壊してしまった。

 

などというときに支払われる保険です。

 

賠償する相手を人、物によって、

 

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険

 

の二つにわけます。

 

対人賠償保険は

 

車の事故によって、人を死亡または、傷害を負わせてしまったときに支払う

 

賠償金のための保険です。

 

自賠責保険でも足りなかった賠償金に支払われます。

 

ポイントは支払うことのできる上限額(限度額)をいくらに設定するかということですが

 

(当然限度額を高くすると保険料もあがります)

 

「無制限」が一般的になってきています。

 

というのは、近年対人賠償保険によって支払う額が高額化している

 

(○○億円というケースもざら)ということと

 

示談代行サービスは、相手への賠償額が「保険金額」の範囲内に

 

おいてしか利用できないケースがあるからです。

 

示談代行サービスとは事故を起こした際、保険会社があなたのかわりに

 

事故処理を代行してくれる大変便利なサービスです。

 

対物賠償保険は

 

道端のガーレールや電信柱、相手の車両などに傷を負わせた、もしくは破壊した

 

などの際の賠償金に支払われる保険です。

 

こちらも「無制限」が一般的です。

 

え?だって物でしょ?そんな高額になることはないのになんで?

 

と思った方は甘いです。

 

実は対物損害には

 

自分が起こした事故によっておこる間接的損害も補償しなくては

 

いけないというルールがあります。

 

たとえば踏み切りに車を突っ込ませて

 

電車を止めたらそのとまっていたときの経済的な損失は計り知れないもの

 

のはずです。

 

こういう観点から対物賠償保険も無制限という考え方が一般的です。