一般に自動車保険と呼ばれているのは

 

自動車保険は任意保険

 

任意(入っても入らなくてもいい)の保険です。

 

それはなぜかというと先ほどの相互扶助という考え方ですよね。

 

考え方によっては自分が一切事故にあわなくてもお金を払い続けるわけです。

 

これがいやで

 

「俺は事故にあったらそのとき自分の金で全部なんとかする!」

 

という人もいるのです(お金持ちの方で)

 

だから一般に言われる自動車保険は任意保険です。

 

これと同時に自動車を持っている人がかならず入らなくてはいけない保険があります。

 

これは自賠責保険と呼ばれ強制的に加入させられます。

 

この自賠責保険では被害者1名につき死亡および後遺障害で4000万円

 

傷害で120万円を限度として支払われる保険です。

 

入らないと車検に通らないどこらか、犯罪です。つかまります(笑)

 

これはなぜかというと、お金がないから任意の自動車保険に入らない

 

という人がいるんですよね。

 

その人がもし事故を起こしたら事故の被害者はお金のないその人から

 

本当にわずかな金額しかお金を受けることができませんね。

 

だからせめてもの保険ということで自賠責保険は強制加入ということです。

 

しかし実際は死亡事故の場合、自賠責以上の高額な補償になるケースも

 

多いので任意の保険に加入することは大事なのです。