自動車保険の契約形態は主に3つにわかれます。

 

自動車保険の契約形態

 

ディーラー付属の代理店型・・・

 

車を購入するときに一緒に付属の代理店で入会するパターンです。

 

便利なのは車の修理時や買い替えなどの際に保険会社に連絡できる点では

 

ないでしょうか?

 

しかしディーラー付属の代理店型は努力しないでもある程度客が来るので

 

あまり企業努力をしていないというケースも考えられます。

 

そして契約者も流れで入ってしまうケースがほとんどなのでその点は注意が

 

必要です。

 

自動車保険専門代理店・型・・

 

自動車保険専門代理店は、自動車保険を専門に扱っている店なのでそれなりの

 

経験と知識が期待できます。

 

また事故の対応などは親身になってくれるケースも多いです。
(向こうも別の保険会社に変更されたらいたいので(笑))

 

通販(ダイレクト)型・・・

 

インターネットや電話で申し込みをするタイプの自動車保険です。

 

代理店を介さず無店舗型の営業をしているので人件費削減などにより

 

リーズナブルな料金体系です。

 

契約の際、最低限の自動車保険に関する知識が必要ですし、事故の

 

際もある程度自分でどうにかするっという気持ちの人の方ではなくては駄目です。